【2017年5月情報】Googleアドセンス合格!が、2次審査無し!<5/22追記 ごめん嘘だった>

f:id:greyu:20170512224130j:plain

photo by Google

※5/22追記

すいませんでしたあああああああ!!!!

「headに要素を追加」みたら思いっきりアドセンスのコード貼ってありましたああああ!!!

普通に2次審査(?)してましたあああああ!!!

なんでだろう。全く貼った記憶ないんですけど・・・。寝ぼけてたのかな?

「2次審査やってないんですけど・・・?」じゃねええええええ!!!

あー、恥ずかしさのあまり鼻血出そう。

恥ずかしいから過去記事はそのまま残しておきます。

2次審査なし、の部分は読み飛ばしてください。

ホントすんません。

ぺこりー

f:id:greyu:20170522205753j:plain

※※※※※ココから元記事※※※※※

先日のAmazonアソシエイトに続いてGoogleアドセンスも無事に合格しました!

Amazonアソシエイト以上に難関と言われているgoogleアドセンス。

こちらの特徴は

・やたら時間がかかる

・審査方法がコロコロ変わる

という点らしい。

こっちもこっちでやっかい極まりない。

僕も例に漏れず、かなり時間がかかった。

申し込みしたのが4/27。審査に最大3日かかりますとか言っておいて、メールが来たのが5/11。

そしていきなり合格。

え?なんか色々飛ばしてねえ?

2次審査やってないんですけど・・・?

なんか聞いていた話と違うんですが。

聞くところによると、この後、2次審査という実際にブログにアドセンスの広告を貼り付けてチェックする作業があるらしい。

が、僕の場合はなかった。

それともアレか。

まだ裏ハンター試験は続いてるっつーオチか。

念を覚えるまでは一流のハンターとは名乗れないってか。

まあそれはともかく、巷で聞くGoogleアドセンス合格までの手順となんか異なる流れだったので僕の例を整理してみる。

もしかすると最近また手順が変わったのかもしれない。

あるいは僕が見ていた情報が古いだけかもしれない。

なにせ巷には新旧様々な情報がゴミ、いや星のようにある。

まあ、とりあえず2017年5月時点でこういうパターンで合格したって実例を聞いてくれ。

合格までの時系列

改めて申込みから合格までの時系列をまとめてみよう。

4/27 Goolgeアドセンスのサイトから申し込みをする。

太ましいおばちゃんの笑顔に癒やされながら、申込みボタンをポチる。

f:id:greyu:20170512224129j:plain

登録内容はとくにひねったものはなく、住所とか氏名なので適当に入力する。

僕は以下のサイトを参考にさせてもらった。

2017年3月に更新済みなので結構新しいはず。

一通り申込みが完了するとアドセンスのマイページにログインできるようになる。

ログインすると『サイト審査中。サイトの審査には最大で3日間かかります。』って感じの画面になっている。

本来であれば、この画面の前に自分のサイトにアドセンスの広告コードを貼る、というステップがあり、その後無事にコードの貼り付けがGoogleから確認できたら上記の画面になるはずなのだ。

が、僕の場合はそのステップが無かった。

つまりこのブログには、この時点で何も広告コードを貼っていない。

そしてそのまま待つこと約2週間。

5/11に以下のメールが到着する。

f:id:greyu:20170512224132j:plain

アレ??

続けて、アドセンスのマイページにログインすると

f:id:greyu:20170512224133j:plain

アレ?

コレ合格したの??

というわけで何がなんだかよくわからないまま、合格したのであった。

ちなみにその翌日には以下のメールが来ていた。

f:id:greyu:20170512224131j:plain

まあこれは合否にかかわらず必ず来るらしいけど。

紛らわしいよね。

申し込み~合格までのブログ状況

さて、次に申込時のぶログ状況だ。

といっても、Amazonアソシエイトのときとあまり変わっていない。

時期が被ってるからね。

<申し込み時(4/27)>

記事数:75記事

平均文字数:多分3000文字くらい

<合格時(5/11)>

記事数:93記事

平均文字数:多分3000文字くらい

プライバシーポリシー有

サイトマップ、問い合わせ先無し

アニメとか漫画の画像はいくつもあったが、とりあえず全てに引用元を記載。

なお、審査の間は毎日更新していた。

外部サイトへのリンクも多少あったし、SNSボタンもあった。

このあたりを消すべきという意見も見かけるが、とりあえずオール無視でも合格は可能である。

ちなみにGoogleの方針としては役に立つ記事が充実していること、という条件があるらしい。

その点、このブログの記事の内容も見てわかるように、見た人の役に立つものばかり・・・。

うん、いや、ぶっちゃけさほど役には立たないわ実際。

合格のポイント

Amazonアソシエイトと違ってこっちの場合は特に何も修正していないので、合格のポイントは僕にも思いあたるものがない。

ただ、Amazonアソシエイトでやったようなプライバシーポリシーや画像の引用元表示はおそらく必要だろう。

ある程度のボリュームとか申請中は毎日更新した方が良いとか聞くけど、実際どうなのかは不明だ。

もっと少ないボリューム、更新頻度でも合格して人はいると思う。ただ、2次審査がなくなったという話は聞いたことが無いので前例があてにならないかもしれない。

後、お酒とかタバコ、アダルト系の記事はNGとされている。タバコ、アダルトはないけど、アルコールはどこまでがオッケーなのかわかりづらいところだ。

合格している以上、少なくともこの辺りの記事は問題無いようだ。

もろにアルコールを勧める様な記事だとダメみたい。

つまり

『居酒屋最高!我酒乃虜!我酒中毒!!酒為犯罪許可!!無酒無人生!』

『会社の飲み会はなぜ面白いのか【飲みたくてたまらない・・・】』

とかいったタイトルだと危険かもしれない。

まとめ

正直言って非公開で手順がコロコロ変わるから何を参考にすればいいのかさっぱりわからないのが正直なところ。

仮に落ちてもデメリットはないから、ある程度記事が書けたらバシバシ申し込みすればいいんじゃないかな。

ただ、どうやら一度落ちた後は2週間ルールというのがあって、その間に最申請すると無条件で落とされるという話もある。

しかしソレさえも現時点で本当に影響があるかどうかを調べる術はない。

問題はその辺をいくら対策しても落ちてしまう人だよね。

コロコロ条件が変わるわけだから、しばらく時間を置いてから申し込みすればすんなり通るかもしれない。

それでもダメなら?

これはもう僕のブログを隅から隅まで見て、何が違うのかチェックするしかないわ。

その上で各記事にはてブ!を付けて、読者登録した後、ツイッターもフォローするのが多分いいと思う。

そうすればきっと合格出来ると思うんだ。うん、間違いないわ。

騙されたと思って試してみて!!絶対だよ!?ね!いやほんと!!!

あ、なんか熱くなっちまったな汗

でもマジでさ・・・合格してほしいと思ってんだ僕!

心から検討を祈ってるから君にだけアドバイスしてるんだぜ!?

あとはさ、この記事をツイッターで拡散するってのもgoogle的には有効だと思うわ。

健闘を祈る!!

おしまい