開眼必至!ちょっとマイナーな趣味がテーマのおすすめ漫画7選を紹介するよ

趣味が増える漫画7選

漫画には壮大なファンタジーやアクションだけじゃなくて、様々な趣味をテーマにした作品も多い。

中には漫画を通して、新しいジャンルに興味を持ったりすることもあるよね。

例えば僕が子供の頃にもキャプテン翼に影響されてサッカーを始めたり、スラムダンクをみてバスケを始めたって人は多かった。

チョット前だと、ちはやふるの影響で『競技かるた』がブームになったりしたよね。

今回は、そんな趣味をテーマにした作品の中でも特に作中でノウハウやうんちくが学べるちょっとマイナーなテーマの漫画を集めてみたよ!

これを見れば君も新しい趣味に目覚めること間違い無しの作品ばかりだ!

それじゃ行ってみよう!

・はじめに(紹介する漫画の特徴)

単にその趣味をテーマにした漫画というだけでなく、本編中に様々な小ネタやノウハウ、実践テクニックが含まれているという基準で選んでみた!

これらの漫画を見るだけでそのテーマに関して様々な知識も増えていくので、単純に入門書としても使える作品ばかりだよ!

1.ばくおん!!(バイク・ツーリング)

女子高校生×バイクというかなり無茶な設定の作品。

どちらかと言うとバイク乗りあるあるネタが多い(しかもかなり誇張気味)のと女の子でも引かないレベルの絶妙な下ネタを時々ぶっこんでくるのが特徴。

そういう意味だと、コレを見てバイクに興味を持つ、というよりも元々バイクに乗っている人が楽しめる作品かも。

タイトルを見てわかるように某作品のパロディ的な要素が多い。(主にキャラクター)

2.南鎌倉高校女子自転車部(サイクリング)

ゆるーいサイクリングをテーマにしていると思いきや、途中から割とガチな自転車レース要素も増えてくる。

作品名の通り、南鎌倉を舞台としているので実際の様々な観光名所が出て来るのもポイント。

例に漏れず作品に登場した場所は聖地巡礼で賑わっている様子だ。

3.ホームセンターてんこ(DIY)

90年代の絵柄を感じさせる作品。

なんというか昔のコロコロとかボンボンの様な絵柄で、拒否反応をしめす人もいるかも。

僕も最初はうーん、って思ってたんだけど読み始めるとものすごく中毒性がある作品でもある。

紹介されるノウハウのお役立ち度は今回紹介した作品の中でも屈指!

全5巻+同人誌5冊という短さが悔やまれる作品。いつか何かの形で続編を出してほしいと思っている。(同人誌はAmazonで普通に買える。ちょっと割高だけど)

てんこが可愛い過ぎてもう。

君も読めばてんこの魅力にハマるはず。

4.ゆるキャン△(キャンプ)

キャンプに関する作者のノウハウを惜しげもなく披露してくれる作品。

個人的にはちょっと主人公(リン)の口調とかノリが苦手なんだけど、ほんわかした絵柄なので女の子にも是非オススメしたい。

ある程度キャンプに慣れた人も新たな再発見があると思うよ。

冬のソロキャンプにハマるかも。

5.ヤマノススメ(登山・ハイキング)

この作品も初心者~中級者むけのノウハウがしっかり詰まっていて、読んだあとは思わずアウトドアショップに行きたくなってしまう作品。

また、山登り、ハイキング、キャンプと幅広く取り扱っている上、実際のスポットを舞台にしているのでこれから山登りを始めてみようかなという初心者にもうってつけ。

登山をテーマにした作品というと、思いっきりデスゾーンに突っ込んでいくような死と隣合わせの作品が多い中、こののほほん感には癒される。

僕も感化されて、実際にこの作品の中に登場する山に登りに行ったりした。

聖地巡礼のキツさは随一かも。

6.これからコンバット(サバゲー)

90年代の絵柄を感じさせる作品パート2。

他の作品が軒並み女子高生を主役においているのに対しこちらはちょっと天然なOLが主人公。

まあ、確かにサバゲーはお金かかるから、社会人の方がリアリティがあると思う。

サバゲーはもちろん、単にエアガンそのものに関しても様々なのうんちくが身につく作品。

思わず実家にあったエアガンを引っ張り出してみたのは内緒。

ちなみに、同じくサバゲーをテーマにした女子高生が主人公の漫画として「さばげぶっ!」がある。

だけどあちらは少女漫画テイストの絵柄でサバゲー部を舞台にしただけの完全なる日常系ギャグマンガ。

例えるなら女子高校生版の稲中卓球部(シモネタなし)みたいなものなので、ノウハウは実際のサバゲーシーンは少なめ。

7.宙のまにまに(天体観測)

他の作品と比べると、細かいテクニックやノウハウよりも天文学部を通しての高校生のキャラクター同士の青春という面が強いのが特徴。

とは言え天体観測やプラネタリウムなどに関する様々なネタも豊富で、田舎に行ったら思わず夜空を見上げたくなっちゃう作品。

絵柄が初期の「A・Iが止まらない!」に似ている。(気がする)

まとめ

というわけで5つの作品を厳選してみたよ!

どの漫画も作者がそのテーマを好きというが伝わってくるし、実際に作者自身の体験をもとにしているから読んでいて為になる話も多い。

経験者なら思わず頷いてしまう様なネタも豊富。

僕も少なからずこれらの漫画を通して色々なものに興味を持ったんだよね。

君もぜひチェックしてみてね!

おしまい!