読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『3~99歳まで遊べる』は伊達じゃない!『カタミノ』で遊んでたら3時間経過していた件

カタミノ

なんかさ、最近スマホとかPCばっかりイジっているのに段々飽きてきたわけよ。

そりゃなんでも出来る万能アイテムだけどさ、たまには文明の利器から開放されてあえてアナログなものに触れたくなるわけよ。

だから思わずこんなことしちゃうんだけどさ。

でさ、ふと昔ながらのおもちゃで遊びたくなって、東急ハンズ行ったんですよ。

そしたらなんか僕の物欲をズバズバ刺激するようなアイテム共が「ねえ、買って?」みたいな顔して見てくるわけですよ。

そんな中にひときわなんかサイズがでかい箱で自己主張しまくってるカラフルなヤツが。

それこそが今回ご紹介したい『カタミノ』だったわけですよ!

「よお~~~~~~~~しよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしとってもとってもとってもとってもとってもとってもきゃわィィイイねェェェェェェェェェ、カタミノちゃん! 即買ったッ!」

・カタミノとはどんな玩具?

いわゆる木を使ったパズル。

まあ箱見た瞬間から想像付いてたけど、海外生まれの脳トレ的なパズル。

箱を開けるとこんな感じになっていて、テトリスみたいな木のパーツが沢山入ってる。

f:id:greyu:20170422142550j:plain

これらのカラフルなパーツをうまい感じに組み合わせて、見事正解を見つけ出すっていうパズルね。

f:id:greyu:20170422142552j:plain

まあ、だいたい想像がつくと思う。

・カタミノってどんな遊び方?

幾つか遊び方はあるんだけど、一番シンプルなやつがコレ。

指定のパーツの組み合わせを特定の範囲のマスにきっちり埋め込む。

f:id:greyu:20170422142551j:plain

例えば、この組み合わせ。

f:id:greyu:20170422142553j:plain

この3つのパーツを線で区切ったマス目に埋めるわけ。

こんな感じ。

f:id:greyu:20170422142554j:plain

んで、見ての通りパーツが増えていくとどんどん難易度もあがっていくし正解の組み合わせも大量にある。

なんかやっぱ外国のおもちゃってこういう感じの脳を刺激するようなの多いよね。

・カタミノの魅力

やり方自体は極めて単純で、誰でも出来るんだけどやり始めるとつい時間を忘れてハマってしまう。

気がつけば僕は3時間もの間、サルのようにハマっていたわけだ。

指定のマスに埋めるだけじゃなくて、パーツを使って色々な動物の形を作る問題や、他の細かいパーツをつかった2人対戦ゲーム、積み木のような立体パズルなんかも楽しめるという1粒で4つ位遊び方がある珍しいパズルゲーム。

ディスプレイの上でやるパズルも楽しいが、実際に木のパーツを使って手を動かしてやるパズルってのも、このご時世だとある意味新鮮。

一つ家においておくと、暇しないかもしれない。

・まとめ

どうだ!?カタミノの魅力、ちったあ伝わったか?

おんやー?君、ちょっとやりたくなってきちゃったんじゃないのー?

なんかやりたそうな顔してるじゃない。

普段スマホばっかりいじってるバーチャル野郎も、たまには童心に返って昔懐かしい素朴な木のパズルで遊んでみるのもいいんじゃないだろうか。

実はコレ、この前王様のブランチで東出昌大がなんかハマってたんだよね。

僕もそれ見てついやりたくなってしまったわけだ。

そんなわけで、今回は暇つぶしにはうってつけのアイテム『カタミノ』をおすすめしてやったぜ!

おしまいだ!