ねんがんのamazonアソシエイトに合格したぞ!【気になる通過のポイントも紹介】

f:id:greyu:20170507101650j:plain

巷ではやたら通過が難しいと言われているamazonアソシエイト。

例に漏れず僕も少々苦労したが、この度やっと合格しました!

僕の場合は結果的に3回目の申請でなんとか合格できたが、1回目の申込みから最終的に合格するまでの期間はトータル2週間位。

申し込みをした後、amazonからの返信はすぐに来る(即日~1日後)が、色々修正を加えたりしていたので時間がかかってしまった。

合格を難しくしている最大のポイントは、何が問題なのかがわかりづらいこと。

一応不合格だった際にいくつも原因が書かれるのだが、具体的にコレ!とピンポイントで指定してこないから、実際に何がダメなのかわからないのだ。

『amazonアソシエイト 落ちた』とかでググるとそれはもう色々なサイトがヒットする。

こういうのは実例情報が多ければ多いほどいいと思うので、僕も合格のコツと思われるものを書いてみることにするぞ!

・前提条件

まず、amazonアソシエイトに申し込みするに当たっての条件をおさらいしておこう。

  1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

  2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

  3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

  4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

  5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合 *SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

  6. 知的財産権を侵害している場合

  7. 露骨な性描写がある場合

  8. 未成年の方のお申し込み

その他、プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t21


また、当プログラムの独自の裁量により、上記の8つの理由にあたらない場合でも、運営規約上、ご登録予定のWebサイトが不適当であると判断した場合には、お申込みをお断りする場合があります。

少なくとも初回の時点でも確実に問題無いと言えるのは「2,3,4,5,7,8」。

個人的に怪しいと感じていたのは1と6。

まず、6について、このブログでは結構アニメや漫画のキャプチャを使っている。コレが引っかかる可能性がある・・・。

次に1に関して、このブログのステータスとしては以下の様な感じだ。

ブログ種別:雑記ブログ

ドメイン:独自ドメイン

記事数:70~80位(平均1記事あたり3000文字位)

運営期間:約3ヶ月

最終的に合格した時点では実はこれよりずっとボリュームが減った状態だった。(50記事位。詳細は後述)

実際には開始2週間15記事くらいで合格したという話もあるので、ボリュームとしては1ヶ月30記事もあればまず問題ないと思われる。

・1回目の申請時の状態

初回の申請の時点では↑のサイトの状況に加え、googleのメールアドレス(amazon購入履歴あり)を使って申し込みを行った。

申し込みフォームの入力内容はこんな感じ。

f:id:greyu:20170507101648j:plain

f:id:greyu:20170507101649j:plain

内容は結構適当。ビジター数とか月5000ユーザもあるわけない。

結果あえなくNG。

うーん、やはりアニメや漫画のキャプチャがまずいのか・・・。

・2回目の申請時の状態

全てのキャプチャ画像に対し、ちゃんと引用を示す注釈を追加した。

さらにトップページのリンクにプライバシーポリシーなんかも加えてみた。

プライバシーポリシーが必要という話をどこかで見たからだ。

内容はこのサイトを参照にさせてもらった。

てか参照どころか例文利用OKとして頂いたので、そのまま丸パクリさせてもらった。(ありがとうございます!!)

これで大体オッケーだろう。

入力フォームの内容はそのままで再度申し込みィ!

結果、最速でNG!!

わずか数時間でお断りされてしまった。

・3回目の申請時の状態

暗礁に乗り上げてしまった。他にこれと言って思いつく対策がない。

もう一度冷静に自分のブログを見直してみる。

そういえば思い当たるフシがあった。

それがこいつだ。

そう、思いっきりAmazon批判をかましているこの記事が原因かもしれない。

「ほう、わが鉄壁のAmazonプライムを批判するとは・・・、なかなか骨のあるやつじゃねえか!面白い、気に入ったぞ!よぉし、このAmazonはお前にくれてやる。好きにしろッ!」

「さっすが~、Amazon様は話がわかるッ!」

ってのを期待したんだけど、全くそんなことはなかったぜ。

というわけで、僕の反体制ジャーナリズムの結晶のような記事はあえなく下書きに戻すことにする。

大丈夫、合格したら何食わぬ顔でもとに戻してやるからな。

ついでにアニメ・マンガ等のキャプチャ画像を使っている記事も念のため下書きにした。

記事数は一時的にグッと減ってしまったが、まあ大丈夫だろう。

これでホントにもうこのブログ自体で出来ることはない。

次に目をつけたのは申し込みフォームだ。

今更不備があるとは思えないが、一つ気になるのがWebサイトの説明文。

それなりに書いたとは言え、まだまだこの部分の情熱が足りないのかもしれない。

もっとこう、思わず説明文を見た人が「うおお!コレはぜひともこのサイトにアソシエイトしてもらいたい!」と思うくらいじゃなきゃだめなのではないか。

「このサイトは僕の全てです!Amazonアソシエイトを殺るためだけに作りました!思えば僕の人生、Amazonアソシエイトに合格する日だけを夢見て生きてきました・・・。もう毎日Amazon様のことだけ考えてます。もうね、Amazonっていうネーミングセンスがすでにたまらないッス。なんだよAmazonって。実はAmazonって『エキゾチック、独特な、様々な』って意味があるんだけど、全然エキゾチックじゃない辺りがたまらない。『様々な』しかあってないですよね!僕は経費削減のために土地代が安いAmazonの奥地に工場を作ったっていうセコい理由だと思ってました!ああ、Amazonよ永遠なれ・・・。」

位のことを書いたほうがいいかもしれない。

そんなわけでサイトの説明と今後どんな商品を紹介していきたいかを適当に文字数だけ水増しして丁寧に書いて申請してみることにした。

結果、無事合格!というわけだ。

まとめ

というわけで、最終的な決め手はおそらく以下の3つだろう。

1・アニメや漫画のキャプチャ画像はちゃんと引用元を記載する。不安なら一時的に消してしまえ。

2・申請時のサイトの内容および紹介したい商品についての説明はしっかり書く。まるで履歴書のようにだ。

3・Amazon様に批判的な記事を書かない。Amazon様に逆らってはいけない。Amazon様は絶対神だ。

後は不安ならプライバシーポリシーとか記載しておくこと位だ。審査に関してどの程度効果があるかは分からないが、将来的には必要になるだろうし。

何度自分のサイトを修正してもダメ、という人はもしかしたらサイトではなく申し込みフォームの方に問題がある可能性がある。

意外な盲点なので、一度そちらを見直してみることをオススメする。

君も頑張って合格し、エキゾチックなAmazon様のアソシエイトの魅力を十分に堪能してほしい。

あー、Amazonアソシエイトに合格しただけで人生バラ色だわ。Amazonってまじすげえ企業だわ。もちろんAmazonプライムもおすすめだわ。

おしまい