カップ麺アレンジとやらを試してみた(うどん編)【かまたまアレンジ!】

f:id:greyu:20170507161918j:plain

前回のそば編につづいて、こりずに今回はうどん編である。

やっぱり今回もヤラれてしまうのは、緑のたぬきの兄弟分『赤いきつね』さん。

うどんの場合、そばよりもバリエーションが増えそうだ。

ざっと考えただけでも考えたら天ぷらうどんにするとか、餅を追加して力うどんにするとか、カレーうどんとか。

どのアレンジもハズレがなさそうだ。

やる前から結果が見えている。

が、それではダメだ!大事なのはチャレンジ精神だ。

2発目となる『うどん』

僕が今回うどんでやるアレンジは

『釜玉うどん』だァァァアアアーー!

・なぜ釜玉うどんなのか

単純に好きだからだ。

僕はうどんと言ったら釜玉。と言うくらい釜玉派だ。

じつは僕はもともとうどんが嫌いだった。

なんか麺が無駄に太いところとか、チャーシューとか煮玉子などの気の利いたトッピングがないところとか、これといって味付けに特徴がないところとか。

そんなわけでわざわざお金を出して食べるものではないと思っていたが、その考えは本場四国で食べた釜玉うどんで一気にひっくり返された。

初めて食べたコシの強い讃岐うどんの歯ごたえも去ることながら、釜玉という食べ方にひどく感激したものだ。

それ以来僕はすっかり釜玉のトリコになったわけだ。

だからこそ、カップ麺でぜひとも釜玉を再現したい。

これはあの日の感動を再び読みがらせるための重要な実験なのだ!

というか頑張ればカップ麺でだせそうだが、やはり卵の半熟っぷりがネックになるのだろう。

ここはやはりひとつアレンジと言う形で実現する他無い!

・実際にアレンジしてみた

さっそく、赤いきつねを準備する。

f:id:greyu:20170507161918j:plain

中身はこんな感じ。

f:id:greyu:20170507161921j:plain

今回もまた、麺単体で茹でることにする。

粉末スープは後ほど卵と一緒に混ぜたあとの麺つゆの代わりに使えそうだが、この油揚げはどう使おうか・・・。

とりあえずは一旦置いておこう。

まずは麺にお湯を入れる。こちらも初めから少量の薬味が麺に含まれている。

このうっすいかまぼこは、緑のたぬきの使い回しだなコレ。

f:id:greyu:20170507161937j:plain

釜玉は麺が茹で上がった後に素早く卵と絡めるのがポイントになる。

そのためには事前に器を温める必要がある。

今回は瀬戸物の器を使用する。カップ麺用の発泡スチロールでは釜玉は作れない。

f:id:greyu:20170507161936j:plain

しばらく待って茹であがったら、ザルに開ける。

f:id:greyu:20170507161938j:plain

そしてすぐさま卵を加え混ぜる。ここからはスピードが命!

f:id:greyu:20170507161939j:plain

ホラッ!早くっ!写真なんか取ってる場合じゃねえ!

そして混ぜたのがコレだ。

f:id:greyu:20170507161940j:plain

うーん、あんまり固まってねえな。失敗だなコレ。

まあ仕方ない。あとはここに麺つゆがわりの粉末スープを混ぜる。

全部入れたらどう考えてもしょっぱくなりそうだったので、半分位にしておくことにする。

f:id:greyu:20170507161941j:plain

やはりコレだけだとしょぼいので、スーパーで買ったかき揚げをプラス。

あとついでに油揚げとチューブの生姜も加えてみた。

f:id:greyu:20170507161943j:plain

なんか油揚げがパフェみたいな盛り付けに見えるが気にしないでおこう。

・出来上がり

さあ、では実際に食べてみよう。

いただきまーす!!

う、うまァァーーーーーい!!!

実にクリーミー!

付属の粉末スープと卵が非常に相性がよく、普通の釜玉にはない独特のクリーミーさをかもしだしている!!!

そしてやっぱり地味にいい仕事してるのがチューブの生姜!

追加したかき揚げをプラスすると、ボリューム的にも十分満足できる。

ただ、これは本来の釜玉うどんとは別物と考えたほうがいい。

そもそも麺にはまったくコシがないし、この粉末スープの独特の味は釜玉うどんのタレの味とはだいぶ違う。

・総評

釜玉うどんを再現、とはいい難いがコレはコレでありと言える味であった。

普段のカップうどんの味に飽きたという人には十分オススメ出来る一品だ。

ただね、最初からついている油揚げ。コイツはやっぱりそのまま食べるとお菓子みたいな味付けと食感だ。

もしかすると麺と一緒に茹でて、かき揚げと一緒に後から載せたほうがうまかったかもしれない。

とはいえ、ざるそばに比べればずっと美味しいカップうどんの釜玉。

点数は80点

暇ならばぜひとも挑戦してみてほしい。

おしまい