読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一歩踏み出す勇気が欲しいとき背中を押してくれる名言集『炎の宅配便』が熱い!

炎の宅配便魂の言霊

photo by 炎の宅配便/サクセス

世の中にはいろいろな著名人のありがたい言葉とか、心が動かされる名言てのがたくさんある。

『何かやりたいことがあってもどうしても一歩踏み出す勇気がでないとき』

『嫌なことがあっておちこんでしまっているとき』

『毎日がつまらないと思っていて、でもどうすればいいかわからないとき』

そんな時に背中を押してくれる、自分を奮い立たせてくれる言葉というのはとても励みになる。

僕がかつて見た中で、心を揺さぶられた名言、いや言霊があった。

それが『炎の宅配便 魂に残る言霊』だ。

OKOK、ナンディスカソレ?って感じだよね。

おそらく大半の人は聞いたこともない単語だろう。

大丈夫、今からちゃんと説明するから先生の話きいてー!

1.炎の宅配便ってなんぞや?

実は炎の宅配便ってのは10年以上前に出たPS2のゲームのことだ。

謎の改造配達員・ジローとなって悪の宅配結社・ジャクニク通運と戦いながら、お客様のもとへ一刻も早く荷物を届けるゲームだ。

うん、よくわからない。

宅配便をテーマにしたゲームなんてなかなか思いつかない超ニッチなジャンルだ。

そもそも『ジャンル:デリバリーアクション』というのも聞いたことがない。10年たった今でも他に聞いたことがない。

ハイパーメディアクリエイター並みに意味不明なジャンルだ。

てか宅配便をフューチャーしている作品自体、ほかには『ゲッチューまごころ便』くらいしか僕は聞いたことがない。

キャラクターデザインとシナリオ監修は島本和彦、そして主人公のCVは関智一。

なんかもうこれだけで雰囲気がなんとなく伝わるかもしれない。

そう!ただひたすらに暑っ苦しいストーリーが展開される!!

2.魂に残る言霊とは?

基本的にはこのゲームはひたすら世界征服をたくらむ悪の宅配業者を倒しながら宅配を行っていくというよくわからないストーリーだが

ゲーム中の収集要素として『言霊』がある。なぜかマップ上に『言霊』が点在しており、それを拾うと(言霊を拾うってどういう感覚だよ!?)

おやっさんの名言がフルボイスで聞けるという謎システム。

まあ、だからなんだという要素でしかないのだが、この言霊。終始一貫して暑苦しいこのゲームを象徴するような名言がずらりだ。

ほとんどは「なんじゃそりゃ!」って言葉でしかないのだが、中には意外と心に刺さる一言も混じっている。

3.聞け!これがおやっさんの言霊だ!!

100個近くある言霊の中から、僕の心に突き刺さったいくつかの名言をご紹介しよう。

・運だとか何だとかほざくのは、全て試してからにしろ!

・押してもダメならさらに押せ!

・金は多くの事を可能にする!だが、全てを可能にするのは熱いハートだ!

・100回の失敗も100万回の成功のあとにはただの誤差!

・努力を努力と感じない奴が、真の天才なのだ!

・人の倍の速さで動け!

・常に思い通りになどなったら、人生やって行けんぞ!

・目の前の荷物さえ運べない男に、大きな事ができる訳あるまい!

とまあこんな感じの言霊が100個以上あるわけだ。

どうだろうか。ふざけているようで意外と響く言葉ではないか。

(だがそれ以上に意味不明なものや、どこかで聞いたような言葉もあるんだけど)

似たようなもので松岡修造の日めくりカレンダーなんてのが流行ったがあれば3年くらい前。

なんと10年以上前にこんなものがあったのだ。

4.これ以外の言霊も聞いてみたい人へ

思わず体がブルっちまって、もっと熱い言葉を聞きたくなっちまったって?

そりゃあ実際にゲームを買って言霊あつめるしかねえなあ。

と言いたいところだけど!今なら公式HPにこの言霊の大半が載っているんだぜ!

炎の宅配便|魂に残る言霊|http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/takuhaibin/kotodama.html

まあ、なにせ10年前に作られたサイトなんで今時のデザインではないけど言霊をみるだけならば十分だ!

正直言ってゲーム買う必要ないよね。

なぜならこのゲームの9割はこの言霊のためにあるからね。

さあ、君も魂の言霊に触れて、一歩前に踏み出してみようぜ!!

おしまい!