普通のスーパーとは大違い!寿司を買うなら『角上魚類』しかない!!

角上魚類_アイキャッチ

君はスーパーの寿司にどんなイメージを持っているだろうか。

大半の人が『あまり美味しそうではない』というイメージを持ってるんじゃないだろうか。

僕もそういうイメージを持っていた。

やっぱり寿司といえばなにより鮮度が大事だし、職人の腕による所も大きい。

機械で成形されたシャリに薄く切ったネタをのせただけの寿司が美味しいはずもないよね。

でも、そんな僕のイメージはあるスーパーの寿司を食べて180度逆転したんだ。

正直言って感動すら覚えた。

そのスーパーの名前は角上魚類。

今回はそんな角上魚類の素晴らしさをお伝えしたいと思う。

この記事を見れば君もきっと明日はお寿司を食べたくなること必至だ!

本当に美味しい魚はどこにあるのか

魚が美味しい場所といえば、どこが最初に思いつくだろう?

多くの人は北海道が思い浮かぶんじゃないかな。

僕も北海道には何度も旅行に行ってるけど、ただの回転ずしだって全然レベルが違うよね。

だから僕も以前は魚といえば北海道が一番だと信じて疑わなかった。

でもある時、富山に旅行に行った際に寄った回転寿司で食べた中トロに僕は衝撃を受けた。

今ではもう名前も覚えていないけど、その店で食べた寿司はそれまで生きてきた中で間違いなく一番うまかった。

とろけるような中トロというのを初めて食べたんだ。

その時、僕がはじめて知った。『海鮮最強は北海道ではなく北陸だった』と。

その日からいつかまたあの魚を食べたいと思うようになったんだ。

とはいえそんなに頻繁にはいけないよね。遠いし。

東京でも美味しい魚が食べられる

数年後、僕は東京でも十分にうまい魚は食べれることを知ることになる。

東京における素晴らしい回転ずし。それは

『すしざんまい』と『活美登利(寿司の美登利)』

それぞれ築地本店と池袋西武店に行ったんだけど、どちらも相当レベルが高かった。

個人的には北陸や北海道の回転ずしに引けを取らないと感じる。

ただ、どちらもとにかく混む。特に休日の昼時なんかは行列必至。1時間待ちとかザラ。

どうにか並ばなくても美味しい寿司が食べたい!

そんなある日に出会ったのが『角上魚類』だった。

その店で買った寿司を一口食べて思ったよ。

これはかつて富山の回転寿司で食べた中トロに勝るとも劣らない、と。

そう、僕がそれまで最高レベルと感動した寿司が一介のスーパーでリーズナブルな価格で食べることが出来るんです。

最強のお魚屋さん。角上魚類とは

ではここで角上魚類について少し紹介しよう。

もともとは新潟県の寺泊港でスタートした鮮魚店。

今では新潟だけに留まらず、東京、群馬、埼玉、千葉、神奈川、長野にまで広がっているチェーン店である。

そう、やはりココも日本海の魚を扱っている。

東京でいうと、赤羽、南千住、小平、日野、4店舗がある。

日野と小平は正直言って駅から遠いのが難点。赤羽と南千住は駅近なんだけどね。

では改めて角上魚類の魅力をお伝えしよう。

1.とにかく鮮度抜群で脂がのっている!

正直言って値段はめちゃくちゃ安いってわけじゃない。

なんといってもすごいのはその鮮度と脂のノリ。

冗談ぬきでその辺のスーパーで売ってる刺身や寿司と完全に別格。

もちろん寿司や刺し身だけじゃなくて、一般的な調理用の魚や甲殻類、海藻類なんかも鮮度抜群だ。

ただ、全てが寺泊産ってわけじゃなくて各地の漁港で水揚げされた魚もたくさん扱っている。

2.品ぞろえがすごい!

f:id:greyu:20170214225614j:plain

f:id:greyu:20170214225615j:plain

f:id:greyu:20170214225616j:plain

f:id:greyu:20170214225617j:plain

品揃えも非常に豊富。珍しい魚とかあるし、普通に丸ごと一匹で売ってたりもする。

さすがに一人暮らしだとさばけない。って人には無料で好きなようにさばいてくれたりするよ。(まあでもこの手のサービスって最近は割とどこでもやってるけどね)

ただ、お昼とか夕方の時間帯はものすごーく混みます。

混んでると魚をさばいてもらうにも順番待ちになる。長いときだと30分くらい待たされちゃったりする。

実際に食レポをお伝え!

言葉だけじゃイマイチ伝わらないと思うから、実際に写真で見てみよう。

f:id:greyu:20170214225955j:plain

ジャーーーーン!!!

どうだい、うまそうでしょ?

ちなみこれは10カンで950円なり。

安いところだと10カンで498円とかもあるから、さっきも言ったけど決して安くはない。

でもお店に食べに行くと思えばずっと安いよね。

f:id:greyu:20170214225956j:plain

ほらほら、見てくださいよ、この中トロ!!

脂がのってるし、すっごい肉厚。

ほかにも・・・

f:id:greyu:20170214225958j:plain

色々・・・

f:id:greyu:20170214225957j:plain

種類が・・・

f:id:greyu:20170214230000j:plain

あるよ。

f:id:greyu:20170214225959j:plain

いざ食べてみると、想像通り新鮮で美・味!

中トロは見た目のとおりすっごい脂がのっているし、サーモンやホタテもプリっぷりでうまかった。

ただ、軍艦巻きの海苔は時間がたってるから当然パリパリではない。まあこれは出来立てじゃない限りは難しいよね。スーパーの宿命ですな。

また、何気にシャリもかなりおいしいし、ネタも大きい。

1000円以下これなら十分すぎるでしょう。

角上魚類の中でも寿司は特に売れ筋らしく、こまめに新しいの補充されるけど、やっぱり午前中が一番種類も多いし新鮮。

夕方になるとかなり混んでくるし、午前中に買ってお昼に食べるというのがベストだと思うよ。

まとめ

どうだろう。少しはイメージを感じてもらえたかな。

多少遠くてもわざわざ行くだけの価値ありの代物だと思うよ。

是非とも皆さんも最寄りの角上魚類に足を運んでみてね。

スーパーの寿司のイメージが変わること、請け合いだよ!

ちなみに、毎月第4水曜日は『角上の日』と言って全商品が10%引きで買えちゃうお得な日だよ。

おしまい