読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の素晴らしい飲食店が埋もれるのはゴミみたいなまとめサイトが検索上位を独占してるからなのでは?

ランチまとめサイト

今回も今までちょいちょいぶっ込んできた飲食店ネタになるんですけど聞いてくださいよ。

例えばさ、休日にどっかにご飯食べに行きたかったりするじゃないですか。

東京なんて星の数ほど飲食店があるわけだから、一口に新宿でランチって言ったってピンからキリまで腐るほど店があるわけです。

例えば1000円位の予算で和食が食べられる店、ってなったとき店によって満足度がぜんぜん違う。同じ値段でも。

でもどこにどんな店があるかなんて、新宿に80年住んでて全部の飲食店把握してます!なんて人じゃないとわからない。

そういった人から直接おすすめの店とか聞ければいいんですけど、そうじゃない場合以下の3択になるわけです。

  1. 情報がないまま目についた店に適当に入る。
  2. ネットで情報を得る。
  3. 知っている店やチェーン店に入る。

僕はこういうとき、せっかくだから入ったことがない店に入りたいし、満足できる良い店を選びたい。

誰だって失敗はしたくないはずです。

だからネットで情報を得ようとします。

今はコレだけネットが発達した時代ですから、前述のような新宿に80年住んでいる人がブログに『一筆啓上。苦節足掛け80年。高度経済成長の折から新宿の和食店2384店全てで昼食を食べたわしが皆々様におすすめする和食店べすと拾』なんて具合に記事にしてくれているかもしれない。

そんな期待を込めて「新宿 和食 オススメ」とか検索すると、出るわ出るわ『絶対外さない!新宿のおすすめランチ30選』とか『誰にも教えたくない新宿の名店ランチベスト20』とかそりゃいい感じにまとめてくれたサイト様が。

んで開いてみると、大抵がその辺の口コミサイトとかツイッターの投稿をまとめただけの薄っっっっっっっっぺらいゴミサイトなんですよ。

せいぜい1店舗あたり1品適当な食べ物の写真を写して、なんちゃらセット1000円。おしゃれな雰囲気で楽しめるおすすめセットは野菜も沢山とれて女子は思わずにんまり!とか書いて終わりですよ。

はあ?

何なのよコレ。

コレのどこが誰にも教えたくない名店なのよ。

具体的にどの辺りを持って絶対外さないと断言できるのよ。

なんつー薄い記事。いやお前どれだけ薄いんだ。絶の達人か。ここにいるのに存在感が虚ろになっちゃうのか。

1店舗辺り5行程度でその店を語れるのか貴様、と。

じゃあどれ位混雑してるの?他のメニューは?ベビーカーや車椅子対応は?店内の雰囲気は?客層は?サイドメニューの充実度は?ボリュームは?大盛り時の追加料金は?趣味は?好きな女子アナは?(僕は水トちゃん!!)

全然つたわりませんよ、と。

知りたいのはそういうことじゃないだろう。

例えば初めてのデートで行く場合だったら、その店の店内の写真はないのか、テーブルの広さは十分なのか、何時くらいなら並ばずに入れるのか、とかそういうことが知りたいし

家族を連れて行くならば、落ち着いた雰囲気なのか、ランチメニューはどれ位の種類があっていくら位なのか、5、6人で座れるテーブルがあるのか、個室はあるか、あるならどんな感じか、そういったことを知りたい。

が、全くそんな情報は無い!!!

詳細見ても店の位置だとか営業時間だとか、食べログへのリンクだったりとか。

つーか、適当にから引っ張ってきただけのメジャーなみせばっかりじゃねーか、と。

大体、適当に色んな人の情報をごちゃ混ぜで集めてるだけだから、情報に一貫性がない。

ボリューム満点って評価だって男と女じゃまるで意味が違う。同じ物差しで評価しないと意味がない。

結果、とりあえず載ってるからと行ってみたらめちゃめちゃ並んでて1時間待ち、とか、全然ボリュームが足りない、とかいう目に遭う。

・ゴミサイトのせいで優良な情報が埋もれてしまう

鼻くそみたいなまとめサイト

結局、こういったキュレーションサイト?みたいなのが上位を独占するせいで、個人の優良な情報がずっと後ろの方に追いやられてしまうわけだ。

こういったまとめサイトでとりあえずどんな店があるかざっと知りたい!という需要はあると思うのでそういう人には有益な情報なんだけど、それは『新宿にあるフレンチに分類される飲食店を30個ただ適当に羅列しました。まとめた本人は行ったことすら無いので詳細は不明ですし別にオススメもしません』というタイトルにしてくれ、っつー話。

更にタチが悪いことに「新宿 和食 デート」とか「新宿 和食 ランチ 雰囲気がいい」とかググっても結局こういった丸めた鼻くそみたいなサイトがヒットしてしまうことだ。

そんな薄っぺらい店舗情報を100件もらうよりも『先日新宿でたまたま行った和食の○○がとてもよかったので語る!語るのだ!語らせろ!ぼく語り魔!』と1店舗だけをフューチャーして掘り下げてくれたほうが「へー、そこまで言うならその店に行ってみようかな?」という気になる。

こういったまとめサイトをそもそもフィルタリングできればいいのだがそういった機能は僕が知る限り無いし、結局まとめサイトはそれなりにPV数は多くなる。

僕は即座に離脱するが、結局PV数ってそのページを開いた数でしかないから、その結果満足だったかどうかはPV数には現れない。

だからいつまでも検索上位に居座り続けることになるのだ。

ただ、実際問題として個人で色々な店を回って詳しく比較するってやっぱ難しいわけだよね。

でもここ!って言う店をピンポイントに掘り下げてレビューしてブログにアップしてくれている人はいるわけだから、そういった記事こそヒットしてほしい。

多分それらは10ページ目以降とかにひっそりといるんだろう。それが問題なんだ。

例えば「新宿オススメ和食ランチ」って調べたときにまとめサイトじゃなくてそんな個人サイトが上位にずらっとヒットすればその中から選択できるわけだ。

そうすればそもそもまとめサイトなんていらない。検索結果自体がまとめになっているわけだから。

このあたりがSEOってやつと実際の需要とのずれなんじゃなかろうか。

だから僕はランチオススメでググったときに「ほにゃららなランチXX選」ってところはまず飛ばす。

次にOZmallだのじゃらんだのでヒットする場合も飛ばす。所詮メディアでやっているからネガティブな情報が見えない。

どちらかというと「新宿で地域密着20年!皆様のお部屋探しのお手伝い!賃貸アパート探しは当店へ!スタッフブログ」みたいのがいい。

たまに『ども~!営業のスズキです!今日も暑いですねー!1僕は今日営業所の近くのパスタ屋パスタ狂いさんにイッテきました!

ボリュームもあるしめっちゃリーズナブル!僕は週16で通ってマス!ホントこの店のパスタってクセになりますよネ!異様ニ安いし!

大体なんでこんな店名なんだろう?へんなモノ入ってたりして(笑)毎日タベテルと段々オカシクナッチャウのカナ?(笑)

さて、お腹いっぱいにお腹いっぱいにお腹いっぱいにお腹いっぱいになったし午後もがががががががががんばばばばりばりばりばり店長の頭をバリバリ食いちぎってくれるわ!!!』

って感じの(あくまでも会社ブログとしての)個人の口コミがあったりする。

よっぽどこっちの方が参考になる。

後はyahoo!知恵袋とか教えてgooとか。

まあ個人ブログが一番なんだけどね。

後はそれをもとに店のHP見たり、食べログのレビュー見たりするかな!(結局食べログも見る)

ただ、そんな感じで探しても必ずアタリとは限らないし、そもそもそこまでするのダルいんで最近は結局適当に目についた店に入っちゃう事が多いんだけどね!!

でもそのせいで魅力的な店やレビュー記事が埋もれてたら本当にもったいないと思う。

googleさんには各個人の趣味や傾向を元に検索結果を変えるような仕組みをつくってほしいな。

つまり個人ごとの本当に必要な情報がダイレクトに検索できる未来。

きっとゆくゆくはそうなっていくんじゃないかと思う。

そうすればその人にとって不要な記事は仮にPVが多くても検索上位に上がってこないし、SEO対策なんて言葉も死語になる。

それって素晴らしくないですかい!!??

いつかそういう風になることを願って今日もせっせとまとめサイトを踏まないように気をつける僕なのであった。

おしまい!