鳥取行くなら砂丘のついでに水木しげるロードも面白いですぞ!

f:id:greyu:20170430162018j:plain

ちょっと前の写真を整理していたら、懐かしい写真を見つけた。

3年くらい前のゴールデンウイークに鳥取、島根に一人旅に行った時の写真だ。

ああ、懐かしいな。そういや色々回ったっけ。

~回想シーン~

3年前、僕は荒れ狂っていたぜ。

世の中の全てが嫌になって毎日のようにケンカに明け暮れる主人公が活躍するヤンキー漫画を読んでたぜ。

ゴールデンウイークによ、鳥取のシャバ僧共をシメに行ったんだぜ。

相棒の鉄馬(バイク)と共に安全運転で4泊5日天下取りに行った訳よ。

宿を事前に予約するなんてダセー真似できっかよ!もちろんノープランだぜ。

それでもなんとか3日目まではギリギリ宿取りながら観光を楽しんだぜ。お土産もいっぱい買ったぜ。ご当地キューピーのキーホルダーとかも買ったぜ。

鳥取に天下取りに行った日は旅行の4日目だったぜ。

前日は岡山辺りに宿泊していて、朝から水木しげるロード、出雲大社、鳥取砂丘とシメて回ってやったぜ。

鳥取砂丘を見終わった後、さて今日はこの辺りで宿をとるか、と思って検索したら周辺の宿は全て全滅じゃねーか!

オイッ!いつの間にかみんなやられちまったのかよ!?

大阪や神戸辺りまで広げても宿が空いていないという状況だったぜ。

いくら僕でも大阪神戸連合の連中がやられちまったって聞いたらブルッちまった。

仕方ねーからそのまま夜通し高速を走らせて、逃げ帰って来たんだよ。

起きてから24時間以上、トータル1000Km近くを一日で走破した地獄のような工程だったぜ。

鳥取先輩マジヤバかったって話だ。

水木しげるロードって知ってるかい?

さて、その日回ったという3つのスポット。

出雲大社、鳥取砂丘はもちろんみんなも知っているだろう。

だが、水木しげるロードってなんぞや?って人もいるんじゃなかろーか。

水木しげるロードというのは鳥取県境港市にある、その名の通りゲゲゲの鬼太郎でおなじみの水木しげる先生をモチーフにした道のことである。

境港駅からずっと伸びた道で商店街を含め約1Km近い道沿いにゲゲゲの鬼太郎のキャラクターがあちこちにいる。

水木しげるロードの最後には水木しげる記念館があり、そこがゴールとなる。

そりゃもう、こんなところにも?って位あちこちにキャラクターがいるから周りを見ながらぶらりと歩っているだけで楽しい場所だ。

街自体が完全にゲゲゲの鬼太郎化しているのだ。

道の途中にはたくさんお土産もの屋もあるし、食べ歩きできるような店頭販売も多く、ファンじゃなくとも楽しめるので是非一度訪れてほしいのである!

実際の写真を紹介するぜ!

水木先生の書斎の銅像

駅を出るといきなりあるのがコレ。水木先生の仕事風景をイメージしたもの。

f:id:greyu:20170322231937j:plain

なんとちゃんと漫画が描かれている!

水木しげるロード銅像

さらに進んでいくと

ゲゲゲの鬼太郎銅像

歩道のいたるところに

ねずみ小僧銅像

精巧につくられた

目玉のおやじ銅像

銅像の数々が

f:id:greyu:20170322231959j:plain

あるわけよ

鬼太郎 銅像

数メートル置きにあるからその数はざっと100体以上あるんじゃなかろうか。

町全体がゲゲゲの鬼太郎状態!

銅像だけでなく、様々なものが鬼太郎化している。

一反木綿 イカ焼き

目玉のおやじまんじゅう

こういった食べ物とか

水木しげるロード ATM

ATMの注意書きまで!!

目玉のおやじタクシー

さらにはタクシーに至るまでがご覧の有様だよ!!

水木しげるロード 公園

f:id:greyu:20170322232000j:plain

途中の公園もこんな感じに。

ゴールは水木しげる記念館

途中からはアーケードに変わる。その先には水木しげる記念館がある。

f:id:greyu:20170322231950j:plain

隣にはこんな広場もある

f:id:greyu:20170322231952j:plain

f:id:greyu:20170322231954j:plain

f:id:greyu:20170322231956j:plain

この家には実際に入れちゃう。

ほら、すっかり行ってみたくなっただろう?

境港駅からすぐに水木しげるロードが広がっているから、車がなくたってアクセスはバッチリだ!

ちなみに場所はここ!!

拡大するとこの辺りになる。

君も今年のゴールデンウィークは、鳥取観光という選択肢も検討してみてくれよな!!

え?ゲゲゲの鬼太郎興味ないって?

大丈夫。僕も全然ないから。

てか今もないんだ。

今後も無いわ。

おしまい