で、でた~アニメや漫画のファッション、コーディネイトを実際に取り入れ奴~www

f:id:greyu:20170228001232j:plain

photo by 中二病でも恋がしたい!/虎虎 逢坂 望美

街を見ると色々なファッションの人たちがいますね!

ホント皆さんおしゃれさんで個性的!

ですがおやおやー?なーんかどこかで見かけたようなファッションの人がいますよねー!

俺って個性的だわー。異端だわー。

って顔しながら歩いてるそこの君!そのファッション、実は〇〇からパクっただけなんだろ?

バレてるって!

よーし、ぜーんぶ僕が元ネタ暴露しちゃうぞ!

街で見かけるこんなファッション。実は元ネタがあったのだ!

1.マフラーで口元を覆う

『え?普通に口元が寒いからやってるだけだよ?』

パクリ元:フェイタン、エメラダ、斬島切彦

f:id:greyu:20170228001224j:plain

photo by 紅/片山 憲太郎 山本ヤマト

f:id:greyu:20170228001227j:plain

photo by ゼノギアス/スクウェア

f:id:greyu:20170228001230j:plain

photo by ハンターハンター/冨樫 義博

冬になると高確率で出没します。

マフラーが短い場合はフェイタンかエメラダ。マフラーを後ろに長く垂らしていると高確率で切彦です。

刃物を持っている場合は近づかないほうがいいでしょう。

2.でかいヘッドホンをつける。

『は?音がいいから使っているだけなんだが。』

パクリ元:そに子、秋山澪

f:id:greyu:20170228001231j:plain

photo by けいおん!/かきふらい

f:id:greyu:20170228001233p:plain

photo by すーぱーそに子/ニトロプラス

さらに帽子を組み合わせるとよりおしゃれ感が出る。

原宿っぽいファッションとも相性がよかったりします。

女の子でこの格好している人ってなんかきゃりーぱにょぱにょとか好きなイメージ。

3.ヘッドホンを首にかける。

『は?耳が疲れたからはずしただけなんだが。』

パクリ元:麻倉葉

f:id:greyu:20170228001225j:plain

photo by シャーマンキング/武井 宏之

現在はその生息数はだいぶ減りましたが、秋葉原で遭遇したら完全に葉一択です。

六本木や渋谷のクラブでも見かけるかもしれません。

その場合は「ちっちぇえなあ」って言ってあげると喜びます。

4.男でカチューシャorヘアゴム

『前髪がうざってー』

パクリ元:小池徹平(ごくせん)

f:id:greyu:20170228001229j:plain

photo by ごくせん/日本テレビ

唯一のドラマからのランクイン。

とある時期から一気に大量発生した髪型です。

カチューシャ、ヘアゴムで前髪をアップにするおしゃれヘアーです。

またくちばしクリップでワンポイントに前髪を抑える奇行種も存在します。

現在でも高校生~大学生に数多くみられます。

前髪がうざったいからやっているだけなんです。

5.外ハネの髪型

『なんか毛先がはねちゃうんだよねー』

パクリ元:セルフィ

f:id:greyu:20170228001223j:plain

photo by ファイナルファンタジーⅧ/スクウェア

立体的な動きを出せる人気の髪型です。

程よく元気な印象も与えつつ、全体のシルエットがひし形になるのでバランスよく見えます。

残念ながら一時期に比べだいぶ減った印象。

自然な感じで再現するのはなかなか難しいのです。

6.チュッパチャプスをくわえてる

『チュッパチャプスうめー』

パクリ元:ヒメコ

f:id:greyu:20170228001226j:plain

photo by スケットダンス/篠原 健太

どっちかっていうと中高生によくみられます。

なんかヒメコ以前からいたような気がするのだが思い出せません。

口元がさみしいときのお共に。

あるだけで簡単に個性付けが可能なお手軽アイテム。

7.常に片目を閉じている

『なんか片目が痛くてさ・・・』

パクリ元:福路美穂子

f:id:greyu:20170228001228j:plain

photo by 咲/小林 立

これマジで目が疲れるのでやめましょう。

※これファッションじゃねーわ

最後に

いやーいろんなパクリネタがありますねえー、え?実際こんなんやってるやついるのかって?

僕です

まあ色々と元ネタがあるとはいえファッションなんて結局だれかの模倣だからね。

好きな恰好をすればいいと思うよ!!

でも思った以上に周りにはバレてるもんだよ!!(経験談)

コレ、タイトル正しくは『僕が昔やっていた痛いファッション』だな。

おしまい