読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土日はいつもどこでも混んでいる!ランチ&カフェ難民にならない方法

お役立ち!

土日混雑

平日お仕事や学校の若者たちは土日になるとワラワラと街に出てくる。

そりゃまあ毎日引きこもってばかりでは体がかびてしまう。

そんなわけで都内の主だった街はいつもどこでも大混雑。

そうなると困るのがランチやカフェ。

例えば13:00の池袋西武とかパルコのレストランフロアに行ってみたまえ!

どこもかしこも行列。

アチコチにカップルやら家族連れやらゆるふわ女子グループやらで賑わっている。

そう、何も考えずに行くとこんな感じで待たされる羽目になる。

それは銀座だろうが横浜だろうが大宮だろうがあまり変わらない。

とにかく人が多い中で同じ時間帯に一極集中するので食事処のキャパシティが足りていないのだ。

そんなわけで本来様々な店から好きなものを選べるはずが、空いてそうな店から選ばざるを得ないような事が起こる。

そいでやっとこさ、ご飯を食べて、その後ちょっと街をぶらぶら。

んじゃつかれたからちょっとスタバ。なんていうとまた大混雑で席がない!

あっても狭かったり、空いたらすぐに他の人に取られたり。

結局ちょっと時間があるから休む、と言うはずのカフェにすら並ぶという逆転現象まで起こっている。

例えば君が気になる娘との最初のデートだとしたら?

こんな感じで行列が続くとだんだん二人の仲も気まずくなってしまうかもしれない。

そこで、今回は休日のランチやカフェで難民にならないための心得をご紹介しちゃおう!

いつも困っている諸君。必見だぞ!

・ランチ難民回避方法

ランチ行列

まず、ランチの場合は比較的簡単に回避できる手段がいくつかある。

1.時間をずらす

鉄板である。

開店と同時に行列、というような人気店じゃない限りはコレが最も手っ取り早い。

ルミネやパルコのレストランフロアにあるようなチョット小洒落たフレンチとかイタリアンなんかは大抵は11時台に行けばまず並ぶ必要はないだろう。

ポイントは前にずらすこと。

後ろにずらす場合は、効果が薄いことが多い。

特にお台場やみなとみらいのような観光地の場合、年中混んでいるので14時過ぎても並んでいる場合がある。

そういった店でも11時半くらいなら並ばずに行けることが多いので、基本は前にずらそう。

2.予約する

可能ならばコレもまた鉄板。

が、実際はランチの予約は受け付けていない店が多い。

個人経営の店なんかはある程度可能性がある。

前述のルミネパルコ、マルイとかのレストランは多分ムリだろう。

受け付けてくれる場合は大抵¥2500~のコース料理や懐石の場合のみ。という様に単価が高い場合が多い。

あとは予約のみでほぼ埋まる高田馬場のラミティエみたいな店か。

好きな時間に予約させると回転率が落ちるので、店側は嫌がるようだ。

3.テイクアウトして公園で食べる

これは4,5,6月や9,10,11月の穏やかに晴れた日などに限定されるが、きれいな公園であればおすすめである。

僕の場合、よく新宿でテイクアウトしたものを新宿御苑で食べたりしていた。

シートを持って木陰のそばで食べれば結構楽しいものだ。

特に春や秋は桜や紅葉も一緒に楽しめるのでポイントが高い。

ただ、注意点としてある程度落ち着いた場所にすること。

花見時期の上野公園や、代々木公園などは騒がしかったり、酒タバコの匂いがすることがあるのでおすすめできない。

新宿御苑や皇居などは比較的客層もよく、落ち着いているだろう。

・カフェ難民回避方法

カフェ混んでる

カフェの場合はまたちょっと視点を変える必要が出てくる。

1.ビジネス街のカフェを利用する

会社が多いビル群の中にあるカフェなどは、平日は混むが休日は空いている。

例えば西新宿の都庁前周辺は休日は比較的閑散としている。

その為、カフェなんかも余裕がある。

ちなみにこういう立地の場合、ランチも空いていることが多い。

2.レストランのカフェタイムを利用する

一番オススメの方法。

ランチのタイミングでは行列ができていたフレンチやイタリアンも3時過ぎくらいにはランチタイムからカフェタイムに移行している。

こうなると一転して空いている。それこそ、パルコやマルイのレストランフロアはガラガラだ。

カフェ=スタバやドトールというイメージがまだまだ強いのでこの手のカフェレストランは空いていることが多い。

なお、神楽坂の茶寮などはランチ~カフェタイムまで途切れることなく混んでいる。

こういった店のようにランチ、カフェともに混んでいる場合もあるので気をつけよう。

3.ファミレスを利用する

より単価を抑える場合はこちら。

広い席でのんびりカフェタイムが楽しめる。

デザートも充実しているし、リーズナブルだ。

少しリッチに行きたい場合はロイヤルホストとかでもいいし、意外にも(ファミレスじゃないが)大戸屋も和風デザートが充実していておすすめ。

まとめ

いかがだろうか。ポイントは『ランチの場合は時間、カフェの場合は場所を変える』こと。

少しタイミングをずらすだけで空いている場所はたくさんあるので、君も覚えておいてほしい。

なお、夕食に関してもランチと同じような傾向がある。こちらも時間帯を早めるのがベストだ。

ただし、ランチと比べて予約率が上がるので、可能ならば事前予約が望ましい。

さあ、これでもう、店選びでフラフラさまようことが無くなるのではないか!!

今週末、気になるあの子を誘って早速街に繰り出そう!!

少しでもお役にたれてば幸いである!!

おしまいである!!